20代で1000万円貯めるには?【実例あり・貯金編】

thumbnail-how to save 10 million yen in your 20s-2 貯蓄術

たくさんお金を貯めたい!

20代で1000万円を貯めることってできるのかな?

20代はまだまだ給料も低くて、娯楽や美容や旅行とかお金のかかることもたくさんあるのに、「1000万円も貯められるの?」って思いますよね。

私も「4桁万円なんていつ到達するんだろう」と思っていたのですが、自分であることを実践してみて、1000万円貯めることができました。しかも超簡単です。何もしなくていいと言っても過言ではないです。

今回は、1000万円貯めた方法とその具体的な方法を2つを紹介します。

今回紹介する方法を実践すれば、確実にお金を貯めることができます。

20代で1000万円を貯めるには?

Pre-emptive savings

1000万円貯めた方法は、先取り貯金をすることです。

先取り貯金とは何かというと、手取りの給料から貯金する分を先に別の口座に移してしまうことです。

なぜこの先取り貯金が必要かというと、貯金できない人の多くは、給料から生活費や娯楽費を使って、残った分を貯金に回すというやり方をします。

しかしこの方法だと、貯金額が毎月バラバラだったり、貯金ができない月もあったりして、お金が貯まらないのです。

また、私みたいにズボラな人だと、毎月貯金を自分で別の口座に振り替えたりとか、現金で引き落として貯金用封筒に入れたり、分ける行為がめんどくさくて、途中で挫折する可能性も高くなります。

先取り貯金にしておけば、毎月、決まった金額で貯まっていくし、使いすぎて貯金が出来なかったということはなくなります。

1000万円を貯めたければ、もしくは1000万円と言わずともお金を貯めたい場合は、先取り貯金を実践してみてください。

では、次に先取り貯金をする具体的な方法を2つ紹介します。

財形貯蓄をする

Property Accumulation Savings

一つ目は、財形貯蓄をすることです。

財形貯蓄は、給料から天引きで積み立てていく貯蓄のことです。

財形貯蓄は、会社の福利厚生の一環です。種類は3つあります。

財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄、一般財形です。

  • 財形年金・・・年金のために貯蓄しておくもの
  • 財形住宅・・・住宅購入のために貯蓄しておくもの
  • 一般財形・・・特に目的なく積み立ておくもの
貯金できない人の特徴で、給料って入ってくると使ってしまう人、めちゃくちゃ多いんですね。

それは、お金が手元にあるから使ってしまうんです。

それなら、先に貯金の分だけ取り分けておいて、残った分を生活費にすればいいんです。

財形貯蓄の何がいいかというと、給料から天引きされるという点です。

そもそも給料口座にお金が入ってこないわけですから、ある意味、強制的にお金を貯めることができます。

貯金分に手をつけられなくすることで、確実にお金が貯まっていきます。

この財形貯蓄の制度がある方はぜひ活用して見てください。

定期預金をする

Time deposit

二つ目は、定期預金をすることです。

定期預金は、一定の期間を決めて、銀行にお金を預ける貯金のことです。

自分で設定した金額を、自動積み立てで、普通預金から定期預金に振り替えることができます。

先ほど話した財形貯蓄は会社の福利厚生なので、勤め先が採用していなければできません。

一方、定期預金は、銀行の口座の一つです。会社は関係ないので、制度がなくても、パートでもアルバイトでも誰でもできます。

定期預金を活用するステップは二つです。

  1. 定期預金口座を開設する
  2. 自動積み立て設定をする

です。

定期預金口座は、銀行の窓口に行かなくても作れるはずです。全国の銀行がそうかは不明ですが、私はネットで口座開設しました。

口座が開設したら、毎月いくらの金額を、何日に、普通預金から定期預金に振り替えるかを設定します。

一度設定してしまえば、後はほったらかしです。

私は、毎月25日に振り替えるようにしていました。25日は給料日なので、給料が入ったと同時に、定期預金に振り込まれるようにですね。

自分が普段使用する普通預金の口座は、振り替えられた後の残った残高になります。その残った分で日常生活を送るのです。

こうすることで、財形貯蓄が使えなくても、強制的に貯めることができます。

最強パターンは、財形と定期預金の二刀流

Property Accumulation Savings

私の話になりますが、

私は財形と定期預金の両方とも活用していました。

財形に8万円、定期預金に5万円です。(毎年ではありません。最高額で、です)

月10万円以上もどうやって貯金するのという疑問は別の記事で解説します。

これを社会人2年目からやり始めたのですが、あれよあれよとたまっていきました。

途中で、貯蓄の方針に状況に応じて、積立額を下げたり上げたりということをしたことはありましたが、基本的には、一度設定したらあとはほったらかしです。

簡単で確実に貯まる貯金方法なので、是非試して見てください。

まとめ:先取り貯金で確実に増やそう

今日のまとめです。

1000万円貯めた方法をご紹介しました。

それは先取り貯金をすることです。

その具体的な二つの方法は、財形貯蓄をすること、定期預金をすることの2つでした。

どちらかでもいいですし、どちらでもやると貯蓄スピードは格段に上がります。

「そもそもそんなにたくさん貯金に回せない」

という人は、節約は何から始めたらいい?年間100万円以上も節約!?固定費ビッグ3を退治せよ!も参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました