【最高の節約】ふるさと納税でコーヒー豆の定期便を頼むならココ!

貯蓄術

最近、コーヒー豆が値上がりしてる。

たくさんコーヒーを飲むのに、出費がかさむなぁ。

最近、コーヒー豆の価格が高騰していますね。1年で約2倍も値上がりしたそうです。

そうなるともちろん、販売価格も高くなります。

コーヒー好きには家計への打撃ですよね。

我が家は夫婦とも、1日3杯コーヒーを飲む超コーヒー好き。カルディ、無印、通販のコーヒーなど色々試すほどのコーヒー通です。

そんな我が家では、コーヒー豆をふるさと納税の定期便を使って節約し、家計への負担を減らしています。

私が色々試して最も満足度が高かった品が、

【ふるさと納税】毎月届く!コーヒー400g 豆コース!定期便6ヶ月コース(100グラム×4)

です。

福岡県・久留米市のふるさと納税の返礼品の一つで、妥協を許さないコーヒー専門店「煎谷本舗」のコーヒー豆です。

この記事では、コーヒー通の私が

  • ふるさと納税でのコーヒー豆の定期便が節約になる理由
  • コーヒー豆の定期便のメリット、デメリット
  • 煎谷本舗のコーヒーがベストな理由

を解説します。

  • コーヒー豆代を節約したい
  • 美味しくて鮮度の高いコーヒー豆を買いたい
  • 色々なコーヒー豆を試したい
  • コーヒー豆の定期便を探している

 

ふるさと納税でのコーヒー豆の定期便が節約になる理由

そもそも、なぜふるさと納税でコーヒー豆の定期便を頼むと節約になるの?

その理由は、普通に購入するよりも安く手に入れることが出来るからです。

例えば、カルディと煎谷本舗を比べてみましょう。

煎谷本舗のコーヒ豆は半年間で2.4kg届くので、2.4kgのコーヒー豆を購入する場合で比較します。

カルディでは、マイルドカルディが594円(税込)/200gなので、2.4キロ買おうと思うと7,128円かかります。

しかし煎谷本舗では2,000円です。

その差額、5,128円です。

価格 2.4kg購入する場合
マイルドカルディ 594円(200g) 7,128円
煎谷本舗のコーヒー豆 定期便
(100g×4種類×6ヶ月)
2,000円(2.4kg) 2,000円
差額 5,128円の節約!

つまり、ふるさと納税のコーヒー豆の定期便だと、節約になるということです。

煎谷本舗の価格が2,000円というのは、ふるさと納税で実質的に自己負担する金額のことです。ふるさと納税の注文画面では40,000円となっていますが、確定申告をすることで控除されることを前提に、この記事では2,000円としています。

コーヒー豆定期便のメリット、デメリット

なぜコーヒー豆の定期便が良いのか、メリット、デメリットを解説します。

メリット
・鮮度が高い
・買いに行く手間がかからない

まずは、鮮度が高いことです。

コーヒー豆は時間とともに鮮度が落ちていきます。

まとめ買いをすると、最後のほうはコーヒー豆の鮮度が落ちてしまっていることがあります。

また、ふるさと納税のコーヒ豆でも、1kg単位の量が一度に届くものもあります。

その点、定期便だと、専門店が焙煎して密封されたコーヒー豆が毎月届くので、まとめ買いよりも鮮度が高く保たれているということです。

また、玄関先に届くので、コーヒー豆を買いに行く手間がかからないのも嬉しいポイントです。

 

デメリット
・ふるさと納税が出来る人に限る
・定期便だけでは足りない場合もある

もちろんのこと、ふるさと納税が出来る人に限ります。

煎谷本舗のコーヒー豆を通常購入することも可能ですが、その場合、節約という目的は果たせません。

煎谷本舗のホームページでは、1,650円/400gで販売されているので、私のような庶民には少しお高めのコーヒーです。

もう一つのデメリットは、定期便の分だけでは足りない可能性があるということです。

毎月4種類×100gのコースだと400g届きますが、我が家は夫婦とも毎日コーヒーを2~3杯飲むヘビーコーヒードリンカー。月400gでは足りません。

ですので、無印良品のコーヒー豆を買って補っています。

1日にそんなに大量に消費しない人は気にしなくても良いでしょう。

煎谷本舗のコーヒーがベストな理由

何で煎谷本舗のコーヒー豆の定期便がいいの?

その理由は3つあります。

  1. 種類が豊富だから
  2. 美味しいから
  3. コスパがいいから

です。

種類が豊富だから

まずは、種類が豊富なことです。

煎谷本舗さんのコーヒー豆は、100gが4種類、毎月届きます。

コーヒー豆の定期便でも、200gや400gを毎月配送というのはありますが、コーヒー豆の種類は1~2種類程度です。

私はふるさと納税でコーヒー豆の定期便をかなり検索しましたが、100gで4種類もやっているコーヒー専門店は、煎谷本舗さん以外に見つけられませんでした。

しかも煎谷本舗さんは、先月とは違う種類のコーヒーをパックしてくれます。

5月には「Early summer brend」という季節感のあるスッキリとした味わいのコーヒー豆が届きました。

初夏の味わい

選ぶことは出来ないのでおまかせですが、毎月違う種類が届くという楽しみもあり、色々な産地や焙煎度を楽しみたい人にはピッタリです。

浅煎り、深煎りもおまかせで届きます。

(クリックで画像を拡大)

美味しいから

2つ目は、単純に美味しいからです。

どれも本当に美味しいです。

豊潤な香りと深い味わいに心癒され、頭もスッキリです。

煎谷本舗さんのコーヒー豆はパックに、コーヒー豆の原産地のことや豆の特徴が丁寧に説明された紙が貼られています。

(クリックで画像を拡大)

この説明が美味しさと楽しさを一層引き立ててくれるのです。

毎日、「今日はどれを飲もうか」というちょっとしたワクワクも与えてくれます。

単純に豆を配送するのではなく、「特徴も味わいながら飲んでほしい」という焙煎士の”こだわり”も見え隠れしますよね。

コスパが良いから

3つ目は、コスパが良いからです。

ふるさと納税のコーヒー豆の定期便は、かなりの数があります。

今回紹介した豆は、40,000円で合計2.4kg(毎月100g×4種類が6ヶ月間)届くコースです。

他も調べたところ、25,000円で1.2kgのものや、もしくは1種類で数kgが一度に届くものでした。

やはり

  • 小分けで
  • 多様な種類を
  • たくさん送ってくれる

このような点で、煎谷本舗さんのコーヒー豆の定期便は、満足度が高く、コスパ最強と言えます。

どこで手に入れられる?

以下のリンクからすぐに購入できます。

30,000円で3種類というのもあります。

3種類か4種類か選べるほか、豆か粉かを選ぶことが出来ます。ミルを持っていない人は粉を選びましょう。

楽天ふるさと納税以外のふるさと納税サイトにもあるようですが、私がおすすめしているのは、楽天ふるさと納税です。

なぜなら、ふるさと納税だとポイントの還元率が高いからです。

ポイントアップデーの日だと、ポイント還元率18倍になることもあります。

(※ポイント還元率は個人によって異なります)

どうせならポイントも多めにもらえるほうがいいですよね。

まとめ:節約しながら豊かなコーヒーライフを楽しもう!

今回、ふるさと納税のコーヒー豆の定期便で節約になる理由と、コーヒー豆の定期便のメリット・デメリット、おすすめする煎谷本舗がベストな理由を解説しました。

普通に購入するより安くゲットできるから
メリット
・鮮度が高い
・買いに行く手間がかからない

デメリット
・ふるさと納税が出来る人に限る
・定期便だけでは足りない場合もある

  1. 種類が豊富だから
  2. 美味しいから
  3. コスパがいいから

ふるさと納税がなんで節約になるのか知りたい人は、ふるさと納税が何で節約になるの?【節約方法も解説】を読んでみてください。

楽天ふるさと納税を始めたい人に向けて、【スマホで簡単】楽天ふるさと納税の始め方【4つの手順を徹底解説】も公開しています。

節約は生活を豊かにするために楽しくやっていくもの!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました